iPhoneのボタンを押せない時に電源をオン/オフする

onoff

ご存知の方も多いと思いますが、基本的なiPhoneの電源を切る方法は、
本体上部にあるスリープボタンを長押しすることで電源を切る画面になるので、右にスワイプして電源をオフにします。

しかし、ボタンが効かなくなってしまった!
そんな時にどうやって電源を切ればいいのか?どうやって電源を入れればいいのか?

そんな時のための、ボタン以外でiPhoneの電源をオンオフする方法とは?。

【ボタンを押さずに電源を切る方法】
ボタン操作や複雑なタッチ操作をサポートする、「AssistiveTouch」という機能を使いましょう。

「AssistiveTouch」の設定
①「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」に移動。
②「AssistiveTouch」の項目をオン(緑)にしましょう。
③画面上に白い丸が登場したら、それが「AssistiveTouch」です。
④AssistiveTouchの白丸にタッチすると、画面上にメニューが開くので、その中から「デバイス」をタップしましょう。
⑤その中ある「画面をロック」が、ちょうどスリープボタンと同じ働きとなります、「画面をロック」を長押ししましょう。
⑥電源を切る画面になるので、電源ボタンのアイコンを右にスワイプして電源をオフにしてください。

sousa

【ボタンを押さずに電源を入れる方法】
①電源が切れたiPhoneにUSBケーブルをつなぎ、パソコンに接続すれば電源が入ります。
※起動するまで時間が掛かる場合があります。

ただ、とても不便だと思いますので、修理に出すまでのつなぎとしてご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL